川商 総合海産物商社 株式会社川商  ・兵庫県姫路市から、水産卸業・水産加工業など幅広く事業を全国に展開しています。
 
会社案内
→前のページに戻る

明治21年 川端亀吉 市内京町にて食料品小売商を営む
大正05年 川端秀次郎 市内京町にて乾物、海産物、雑穀菓子問屋、川端秀次郎商店を開業する
昭和20年 第二次大戦時姫路地区空襲の為、火災にあい休業の止むなきに至る
昭和24年 姫路市忍町にて海産物 姫路食糧株式会社を設立開業する
昭和32年 姫路市延末中央卸売市場開設と同時に塩干仲卸業者として入場する
昭和36年 川端勇専務取締役就任
昭和38年 姫路市西延末に工場及び本社事務所を移転する
昭和42年 川端勇社長就任
昭和45年 系列海産物卸株式会社大阪川商を設立する
昭和46年 増資5,000,000円資本金18,000,000円となる
社名変更 株式会社川商とする
昭和48年 系列海産物卸株式会社加古川川商を設立する
平成01年 取引先交流会「川商共栄会」発足
平成04年 資本金 70,000,000円に増資
平成05年 新本社工場建設竣工
平成06年 「マリンロード」商標登録完了
平成10年 創業50周年を迎える
平成12年 兵庫県知事より地域振興功労賞を受賞
平成16年 「第1回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー大阪」に出展
平成17年 「第2回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー大阪」に出展
平成18年 「第3回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー大阪」に出展

当社は姫路市中央卸売市場内での仲卸業務を中心としてスタートしました。
数年前までは県内外の八百屋・魚屋さんなど小売業者が早朝より市場へ買出しに来ていましたが、近年大手量販店の進出などにより流通業界が激変し、従来の小売業は減少傾向となりました。そのような中、当社は変化対応への積極姿勢を持って進化し続けるためにも、いち早く水産物加工業にも力を注ぎました。急速冷凍設備「大型トンネルフリーザー」のほか最新設備を導入し、「おいしさそのまま」をキャッチフレーズに商品を瞬時に凍結し、東京築地市場はじめ、全国の卸売市場、また大手スーパーマーケットへ先端加工技術を駆使した製品 「お魚夢工房・マリンロード」 を生産し毎日出荷しています。
現在、本社・白浜工場とも冷凍冷蔵庫設備数基を保有し、さらに水産物の付加価値を高め、それぞれの魚が持つ味を引き出した水産加工品の生産を拡大しています。
特に白浜工場においては、24時間稼働、多様なメーカーの商品の集約、大規模・複合的な小売業に対応すべく流通業界のパイオニアとして新たな改革に日夜挑戦しています。
また最近では、長年独自で実施してきた商品展示見本市に代わり「シーフードショー大阪」に出店、外食産業、小売業、業務関係先様等とのコミュニケーションをはかり、新製品の期待度アンケートを実施し、得られた結果を小売店様にも提供させていただいています。 


オープニングセレモニーの様子(右端が当社川端社長)
このページの先頭へ
 
HOME / 会社案内 / サービス / 製品 / 採用情報 / お問合せ
 
Copyright 2006 Kawasho Co.,Ltd.

川商 マリンロード
総合海産物商社 株式会社 川商
兵庫県姫路市から、水産卸業・水産加工業など幅広く事業を全国に展開しています。